アニメ評価データベースさち。
基本情報 レビュー(13) POV 関連商品 リンク(0)

獣王星


獣王星の評価、レビュー/感想 一覧


文字数得点評価日時ネタバレ

最後まで見た後のレビュー/感想


 45
(takumi) ,2009-03-04 ,ID:c10048
(ネタバレ) 世界観が好きでした。ストーリもラストは結構盛り上が
 100
(laser007) ,2013-08-16 ,ID:c100129
絵柄やクライマックスがまったく好みではありませんでしたが
最後まで楽しめました。

雰囲気がなんとなく昔視聴したガルフォースという作品に
近い気がしました、視聴後の余韻も似たような感じ。

SF好きには物足りない設定のようですが、逆に解りにくい
設定とかも無く物語にすっと引き込まれたので、絵柄が苦手
でも最後まで視聴できたのだと思います。

キャラクターも個性的で魅力的だと感じました。
絵柄はほんと苦手ですが。
 40
(pmmc) ,2009-08-25 ,ID:c15933
ゴメンナサイ。
ほんと好きな人は怒らないで下さい。

でもコレは「所詮」SF風の少女マンガですね〜。
本気のSFにも本気の少女マンガにも、とてもかなう物じゃないです。
風じゃダメです。
本気でSF作って下さい。

ちなみに原作よりは面白かったです。
ゴメンナサイ。
 47
(geparuto) ,2014-09-15 ,ID:c118823
設定は面白いなと思ったのに話の展開が早くて意味不明になってるしメインキャラの死が雑過ぎです
一つのアニメとしてのまとまりがなかったです
あとこの頃の小栗旬は演技が凄まじく下手ですね
堂本光一が上手かったのでいいですが
はっきり言ってオススメはできないです
 25
(funkanime) ,2010-11-14 ,ID:c34762
途中から展開が読めてきてしまったので楽しさ半減。
それから原作を大分削っているようなので急展開過ぎる所もマイナス。特に10話と最終話がひどい。どうせなら2クールで観たかったです。
 50
(astaroto) ,2011-06-11 ,ID:c47542
代表作「花咲ける青少年」で有名な樹なつみ原作
OPの曲や声優等いろいろクオリティーが高いがサクッと見れる短いSFアニメ
素人が声優をやることに抵抗がないならオススメ
 60
(asamiya) ,2010-12-03 ,ID:c35840
小栗旬の声が小栗旬にしか聞こえなくて最後まで違和感があった。展開は早いからすぐ全部見終わるけど。
数日で内容をすべて忘れてしまうくらい面白味はなかった。
 65
(rodom) ,2013-09-09 ,ID:c101096
おもしろいかどうかと聞かれたら可もなく不可もなくただ全体的に重く哀しく切ないです、ですが話数も短く展開も速いので感情移入ができません。
 59
(blue_heaven) ,2010-10-30 ,ID:c34137
(ネタバレ) それなりに面白かったですが少し淡白かな?
ヒロイ
 80
(dalkdawn) ,2011-12-27 ,ID:c63991
今観ると少し古さを感じるかもしれないですが、世界観は独特なものがあって好みですね。
 75
(pikuru) ,2012-05-20 ,ID:c73654
全体評価の意外な低さに驚き。

そんなにひどい作品でもないですよ、ほんとに。

途中まで見てのレビュー/感想


 70
(funkanime) ,2010-11-12 ,ID:c34650
一話を鑑賞。食人植物が出てきたり、両親が死んだりと、かなり恐ろしい展開に。双子の兄弟が、頼れる兄と頼りない弟という割とありがちな設定かもしれませんが、まだ未知数ですね。

見る前のレビュー/感想


 80
(mokuzu) ,2006-04-20 ,ID:c488
樹なつみ原作。ボンズ製作。
この2点だけで超期待です。
1話を見てツボにはまり、慌てて原作を買いあさりましたが、多分ストーリーは文句なし。
これにボンズの作画力が加われば。と期待してます。

惜しむらくは、主役の青年期の声優に不安・・・・(ファンに殺されるか^^;)

このページは 2017年3月31日 7時30分31秒 にキャッシュされたものです。

ログイン

アニメさちID
アニメさちパスワード
ログイン状態を保持

新規ID登録

パスワードを忘れた方は

メニュー

おすすめアニメ

年間統計 [2017][2016]

放送予定アニメ

アニメレビュー/感想一覧

POV検索

アニメニュース

アニメ番組表

アニメリンク集

その他

このサイトについて

利用規約

マニュアル

あにめさちのQ&A

更新履歴

作品データ更新履歴

広告について

お問い合わせ

アニメさちTOPへ