アニメ評価データベースさち

PERFECT BLUEのレビュー/感想

アニメさちTOP/PERFECT BLUEの作品情報/レビュー/個別

90点(全体) (napier) ,2013/3/7

精神分析の知見が盛り込まれ構成のクオリティが高い
元は実写映画化される予定だったようだが
現実と虚構の狭間を扱うこの作品の内容は
表現としてアニメの方が適していると言えるだろう
それだけにアニメを普段見ない方にこそおすすめできる

劇中でダブル・バインドという言葉が使われるが
これは確固たる現実と脳内現象としての想像力の間で
二重拘束されるわれわれの意識の危うさを指すものと思われる
そしてラストに「狂人」でないはずの「健常者」を通して語らせる
「私は本物だよ」というセリフ
「本物」であることの根拠のなさがこのセリフを宙吊りにし
われわれのなかに問いが生じることを促しているようだ


アニメさちTOP/PERFECT BLUEの作品情報/レビュー/個別


無料ゲーム300以上♪
麻雀/RPG/恋愛!!



あにめさちのQ&Aこのサイトについてお問い合わせ


携帯アクセス解析