アニメ評価データベースさち。
聲の形のアニメ画像

アニメ作品の評価
タイトル 聲の形
よみがな こえのかたち
関連サイト 公式サイト wikipedia
公開 2016年09月17日 [2016年のアニメ作品一覧]
カテゴリ 映画
全体評価 中央 85点/平均 81点(評価数: 20 件)
途中評価 中央 ---点/平均 ---点(評価数: 0 件)
レビュー数 7件[レビュー/感想を見る]

POVのグラフ(音楽,声,キャラクター,シナリオ,演出,作画)
ジャンル 学園
日常
対象 一般向け
傾向 感動する
傾向2 中途半端
原作 原作(漫画)
前作視聴 不要


聲の形の詳細得点情報



放送前
(期待)
放送中
(途中)
放送後
(全体)
(途中)
+(全体)
平均------8181
中央点------8585
標準偏差------2020
最高点------100100
最低点------00
評価人数002020
レビュー人数0077
→聲の形の全評価一覧を見る(全20件)

聲の形の得点分布



得点 評価数 グラフ
期待 途中 全体
100001
90〜99004
80〜890011
70〜79002
60〜69001
50〜59000 
40〜49000 
30〜39000 
20〜29000 
10〜19000 
0〜9001

聲の形のレビュー/感想 (ランダム)


 100点(全体)
(kuromune) ,2017-01-01 ,ID:c154166
久しぶりに映画館でボロ泣きしてしまいました。

映像も、
さすが京都アニメーションという感じで、
どのシーンも丁寧な作りで作品を際立たせてたと思います。

声優陣も流石で、
特にヒロイン役の早見沙織さんの演技力は抜群でした。
彼女に泣かされたと言っても過言ではありません。

2016年で一番泣かされた作品でした。
一見の価値はあると思います。
 83点(全体)
(napier) ,2016-12-10 ,ID:c153407
原作既読
原作をとても上手くまとめている。省いたカットや付け足したカット合わせて分かりやすさでは原作を上回る出来だと思う。
聲の形ってなんだろうか。声を可視化したものとしての、手話であり、文字であり。また色んな立場の人があり、色んな立場からの声がある、色んなコミュニケーションの形がある、ということもこの作品のテーマになっている。
色々考えさせられるよくできた作品。
 88点(全体)
(feb) ,2016-10-09 ,ID:c151722
(長文) 他人とのコミュニケーションの難しさ、人の残酷さ、保身、偽善、不寛容、などなど様々な人の問題点を扱っています。
この作品は、人が自分や他人の弱さを受け入れたり認めることで、苦しさから開放され前に進むことができる。これは決して「許し」ではなく、「許し」がなくても自分や他人を肯定することは可能だという考え方はとても新鮮に感じました。
ヒロインがろうあ者であるため、彼女の気持ちはハッキリとわからない部分もありました。しかし、実際のところ、障害があってもなくても、人の気持ちなんて他
→聲の形のレビュー/感想を見る(全7件)

ログイン

アニメさちID
アニメさちパスワード
ログイン状態を保持

新規ID登録

パスワードを忘れた方は

メニュー

おすすめアニメ

年間統計 [2016][2015]

放送予定アニメ

アニメレビュー/感想一覧

POV検索

アニメニュース

アニメ番組表

アニメリンク集

その他

このサイトについて

利用規約

マニュアル

あにめさちのQ&A

更新履歴

作品データ更新履歴

広告について

お問い合わせ

アニメさちTOPへ