アニメ評価データベースさち

舟を編むのレビュー/感想

アニメさちTOP/舟を編むの作品情報/レビュー/個別

78点(途中) (41_cape_horn) ,2016/10/25

(ネタばれ)【第2話迄視聴…76点】

● 地味だけど…
 とある出版社の辞書編纂部のストーリー。話しの流れとしては、編纂部やアパートの人間関係が主なのか編纂作業が主なのかは今のところ見えないが、アニメの全体的な雰囲気としては良く言えば落ち着いているが、悪く言えば地味過ぎる。
 出版社ものでは、ドラマだが『重版出来』(TBS)がマンガ編集部という形のものが最近放送されたが、同じ出版社ものでも、やはり辞書編纂というイメージから『重版〜』より地味に映るかなぁ。
 自分は知らなかったのだが、2012年に実写映画化もされていて、大人が普通に見ても楽しめる部類のストーリーかも知れない。

【第6話迄視聴…78点】

● 静的な情熱
 評価上方修正。
 辞書「大渡海」の編纂とその人間模様を描いたストーリー。その内容は、丁寧に描かれ、静的な情熱が伝わってくる。辞書作りといった大作業に情熱を傾注する一方で、出版社という会社やその組織に振り回される組織人の思いや葛藤、不安などと言った社会人なら1度は経験した事のある事も盛り込まれている。

● 私生活は…
 一方、私生活に目を向けると、光也に想い人の香具矢が出来たりして、難しい内容のラブレターを送ったりと不器用ながら自分の気持ちを伝えたりしている。香具矢の登場からの告白迄の展開がやや早いのが気になるが、こちらも静かに熱いものを感じた。


アニメさちTOP/舟を編むの作品情報/レビュー/個別


無料ゲーム300以上♪
麻雀/RPG/恋愛!!



あにめさちのQ&Aこのサイトについてお問い合わせ


携帯アクセス解析